回想録 第24話「気持ちを新たに」

赤峰さん 「自然塩を使ったみそ汁とたくあんを毎日たくさん食べたんやけど、血圧には何の変化もなかったんよ」

私 「う~ん、やっぱり・・・。」

赤峰さん 「それどころか、カラダには力がみなぎっていくのを自覚することができたんよ。さらに、重病人に打っていたリンゲル氏液*が1%の食塩水であることを知って、塩の大切さを確信し、講演をして回るようになったというわけなんよ」

私 「なるほど、そうやったんですね。今では、塩作りがどこでも出来るようになったと聞きました。シママースじゃなくても、日本の海水を使って昔ながらの方法で作られた自然海塩が、たくさん手に入るようになりましたよね。でも、世の中では塩分は控えるべきだ、とそればかりですが・・・」

赤峰さん 「そうじゃな、塩を取ると高血圧になるといって、減塩運動まっさかりじゃ。なぜこのように病人が多いのか、どうして元気が出ないのか、なぜ体温が低いのか、なぜガンやアトピーが増えているのか。テレビやお医者さんや行政が言うからと鵜呑みにせんで、これらの原因は何なのかを、世の中の人々がそれぞれに、本気で追求してほしいと思っとるんよ」

私 「少なくとも私は、自分のカラダにアトピーが出てるおかげで、自然塩の大切さを身をもって知ることができています。赤峰さんに教わった、玄米・自然食をがんばって続けて行きたいと思います」

赤峰さん 「そうよ、きっとキレイになる日が来るから、がんばろうなぁ。わしも、諦めずに塩の大切さを訴え続けていこうと思う」

私は、赤峰さんにお礼を言って話を終えたあと、しばらく考えました。

(私のようなアトピーで苦しんでいる人や、その他の様々な病気の人達にとって、今のような話はとても価値のある、すごい話やと思う。でも、塩分は悪者扱いされているこの世の中で、私なんかが、『自然海塩やったら、減塩せんでもいいんよ。たくさん摂ると元気になるんよ!』と言ったところで、誰が信じてくれるんやろうか・・・。私は自分のカラダにアトピーが出てるから、分かりやすい。食べるものに気をつけんといけんなぁと思うけど、アトピーじゃない人や健康な人には、こんな話をしても全く話が通じないんじゃないやろうか・・・)

この塩の話は、とても難しい問題だと、その時思いました。

(とにかく、私は今まで教わった通りのやり方で、アトピーを改善させる道を進んで行こう。私が身をもって体験したことを、いつか困っている人たちに伝えられるように)

私はそんなことを思いながら、「なずな食養庵」での残りの日々を過ごし、自然食のレシピもたくさん教えてもらって、再び母と家へ帰ったのでした。

第25話「音楽と私の父と」へつづく…

*リンゲル氏液・・・リンゲル液、リンガー液ともいう。塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウムに注射用蒸留水を加え、体液と等張にした溶液。血液の代用液としてしばしば輸液に用いられる。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目辞典の解説より)

いつも応援してくださっているかたへ、本当にありがとうございます。
はじめましてのかたへ、よろしければまたのぞいてみてくださいね♪ ふうよしママ

★自然食品の通販サイトのご紹介★

シママースをはじめ、海の精や浜御塩など、おすすめの良い塩をたくさん扱っています。

【ブラウンビレッジ】はこちら

応援していただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村