里いもとイカの煮もの

皆さん、こんにちは。

今日は、わが家のある日の食卓から、里いもとイカの煮ものをご紹介したいと思います。

玄米ごはん、里いもとイカの煮もの、もやしとワカメの和え物、納豆、焼きのり

写真にはありませんが、おみそ汁があります。

わが家では、全部食べ終わったあとに、おみそ汁を出します。

あつあつを、ふうふうしながら食べられるので、おいしいですよ♪

おみそ汁のお話は、また別の機会に…。

里いもとイカの煮もの

分量なしの*ずぼらレシピ

材料・・・里いも、玉ねぎ、カットイカ、一番しぼりの植物油(ゴマ油、なたね油など)、自然塩、しょうゆ

*基本的に野菜はすべて、農薬や化学肥料を使用していないもので作ります。

作り方

1. 里芋と玉ねぎは、食べやすい大きさに切ります。

今回のイカは、カットしてあるイカを買ってきて、使いました。

2. イカはさっと洗って油で炒めます。

3. 火が通ってきたら、自然塩としょうゆで味つけをしておきます。

4. イカを鍋から取り出し、その鍋に切っておいた里いもと玉ねぎを入れて、油でくるむようにして軽く炒めます。

5. ひたひたまで水を加え、やわらかくなるまでしばらく煮ます。

6. 煮えてきたら、先ほどのイカを加えます。

7. 自然塩としょうゆで味をととのえて、できあがりです。

砂糖を使わなくても、玉ねぎから自然の甘味が出てきて、

とってもおいしいです。どうぞお試しください♪

里いもまめちしき

里芋は中心に親芋ができ、そのまわりに子芋、さらに孫芋、ひ孫芋と1つの種芋からたくさんのいもができます。スーパーなどで売られている里芋はおもに子芋と孫芋ですが、種類によって親芋だけを食べるもの、親芋も子芋も食べられるものなどいろいろあります。親、子、孫と続くことから子孫繁栄の縁起物としてお正月料理にも使われます。

里芋は貯蔵性がよく1年中出回っていますが、秋から冬にかけてが旬です。また里芋といえば一般的に「土垂(どだれ)」を指しますが、冬になるとゴツゴツとした大きな「八ツ頭」や、エビのように曲がった「海老芋」なども店頭に並びます。

ちなみに「タロイモ」という呼び名も耳にしますが、タロイモとは、食用として栽培されているサトイモ属の芋類の総称です。そのため里芋や海老芋などもタロイモの一種ということになります。

野菜情報サイト 野菜ナビより

いつも応援してくださっているかたへ、本当にありがとうございます。
はじめましてのかたへ、よろしければまたのぞいてみてくださいね♪ ふうよしママ

応援していただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

1 件のコメント

  • 私はこのイカのレシピがとても好きなので、気に入ってます。(^^; 特に私はこのイカと里いものふたつの味が、とても美味しくてまた食べたいです。(^○^) いつもおもしろい記事をありがとうございます‼(*^^*) 投稿まってま~す。(^o^;)
                           うーまより

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    ふうよしママ
    生まれ育ちは大分県、茨城県在住の子育てママ。 2人の娘と夫との4人家族。 ‟ふうよし”とは、娘たちそれぞれの名前からもらっています。 11才の頃にアトピー性皮膚炎になりましたが、 断食と玄米・自然食を実践し、症状が改善しています。 現在も玄米・自然食を楽しく実践中。 お仕事は、夫と自宅で音楽教室を運営する傍ら、アマチュア・オーケストラのヴァイオリン、及び弦楽合奏指導者。また、保育園のピアノ講師。 趣味は、音楽を聴くこと、映画を観ること、読書をすること。 好きな音楽は、ルネサンス、バロック音楽。