ゴーヤチャンプルー ~にがうりと豆腐でおいしい♪~

皆さん、こんにちは! ふうよしママです。

今日は、ゴーヤチャンプルーをご紹介したいと思います♪

ふうよしママの庭の畑にもようやく、にがうりが育ってきました。

家の庭の畑で採れた自然栽培のにがうり

今年は雨の時期が長かったので、まだ数本しかできていなかったのですが、これからたくさん採れるかなぁと楽しみにしているところです♪

ゴーヤチャンプルー

材料(約4人分)

・にがうり・・・中1本
・豆腐(もめん、絹ごしはお好みで)・・・1丁
・うるめ削り・・・ひとつまみほど
・一番しぼりの植物油(ゴマ油、なたね油など)・・・適宜
・自然塩・・・ひとつまみほど
・しょうゆ・・・大さじ1程度
*分量はおおよその目安です。味をみながら加減してみてください。

作り方

1. にがうりはスライスし、塩もみしておきます。

2. お鍋に油を熱し、うるめ削りを炒めます。

3. 豆腐を加えて炒めます。この時に、油がはねることがあるのでお気をつけください。

4. 全体に火が通ったら、にがうりの水気を切って、一緒に炒めます。

5. 自然塩としょうゆで味をととのえたら、できあがりです。にがうりの歯ごたえが残るように、頃合いをみてください♪

卵やお肉を入れなくても、うるめのダシと自然塩としょうゆの素朴な味つけは、とてもおいしいです😊

皆さんも、どうぞお試しください♪

にがうり(ゴーヤ)★まめちしき★

イボに覆われ、少し苦味のある野菜「ゴーヤ」。ゴーヤというのは沖縄県で使われている呼び名で、和名は「ツルレイシ(蔓茘枝)」または「ニガウリ(苦瓜)」といいます。沖縄や九州南部では昔から食べられていましたが、全国に普及したのは1990年代になってからです。以来、ゴーヤという呼び名が定着しました。今ではエコ対策の緑のカーテンとしても人気です。

ゴーヤは緑色のものが一般的ですが、これは未熟な状態で収穫したもの。収穫せずに放っておくと皮が黄色くなり、さらに熟すと皮が破れて中の種が飛び出します。この種は真っ赤なゼリーで覆われていて、ゼリーには甘みがあります。

なおゴーヤは「ゴーヤー」という表記もあり、沖縄県ではゴーヤーと語尾を伸ばすほうが正しいようです。当サイトでは本土で表記されることが多い「ゴーヤ」の名前で紹介しています。

野菜情報サイト 野菜ナビより https://www.yasainavi.com/zukan/goya.htm

ふうよしママおすすめコーナー

純正食品マルシマ 国産 鰯削りぶし<40g>のご紹介★

  • 九州長崎産の新鮮な鰯を削りぶしにしました。
  • コクのあるだしで煮物や椀物をさらに美味しく
  • そのまま冷やっこ、焼きそば、ごはんなどにふりかけて食べても美味しいです。

どうぞお試しください😊

いつも応援してくださっているかたへ、本当にありがとうございます。
はじめましてのかたへ、よろしければまたのぞいてみてくださいね♪ ふうよしママ

応援していただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ABOUT US

ふうよしママ
生まれ育ちは大分県、茨城県在住の子育てママ。 2人の娘と夫との4人家族。 ‟ふうよし”とは、娘たちそれぞれの名前からもらっています。 11才の頃にアトピー性皮膚炎になりましたが、 断食と玄米・自然食を実践し、症状が改善しています。 現在も玄米・自然食を楽しく実践中。 お仕事は、夫と自宅で音楽教室を運営する傍ら、アマチュア・オーケストラのヴァイオリン、及び弦楽合奏指導者。また、保育園のピアノ講師。 趣味は、音楽を聴くこと、映画を観ること、読書をすること。 好きな音楽は、ルネサンス、バロック音楽。