オクラの炒めもの

皆さん、こんにちは。

今日は、オクラの炒めものをご紹介したいと思います。

オクラのごま和えもおいしいですが、炒めものも、とってもおいしいので、私は大好きです。

オクラと言えば、鹿児島に住んでいる私の祖母のことを思い出します。(詳しくは母の手作りマーマレードをご覧ください)

私たちが夏休みに遊びに行くと(車で8時間くらいかけて行きます)、無農薬で作ったオクラを、いつも食べさせてくれました。

食べものって、その時に食べた思い出がよみがえってくる時があって、不思議ですね。

オクラの炒めもの

分量なしの*ずぼらレシピ

材料

・オクラ(乱切り)

・うるめ削り

・自然塩

・しょうゆ

・一番しぼりの植物油(ゴマ油、なたね油など)

作り方

1. お鍋に油を熱し、うるめ削りを炒めます。

2. うるめ削りから細かい泡が出てきたら、切ったオクラを炒めます。

3. 全体に火が通ったら、自然塩としょうゆで味をととのえてできあがりです。

オクラは生でも食べられますので、歯ごたえが残るくらいに軽く炒めるとおいしいです♪

皆さんも、どうぞお試しください♪

オクラ★まめちしき★

オクラの原産地はエジプトやエチオピアなどアフリカ北東部と考えられていて、エジプトでは紀元前から栽培されていました。アメリカへは18世紀に伝わり、19世紀になってから栽培が行われるようになったそうです。

日本へは幕末にアメリカから入ってきましたが、一般家庭の食卓に並ぶようになったのは1970年頃から。それまではおもに花を鑑賞するのが目的で、第二次大戦中は完熟した種子をコーヒー豆の代用にすることもあったそうです。

ちなみにオクラの和名は「アメリカネリ」といいますが、これは「アメリカ」から渡来した「ネリ(トロロアオイ)」という意味。また「オクラ」という名前は現地語からきていて、英語でも「okra」と書きます。

野菜情報サイト 野菜ナビ より 

いつも応援してくださっているかたへ、本当にありがとうございます。
はじめましてのかたへ、よろしければまたのぞいてみてくださいね♪ ふうよしママ

ふうよしママおすすめコーナー

純正食品マルシマ 国産 鰯削りぶし<40g>のご紹介★

  • 九州長崎産の新鮮な鰯を削りぶしにしました。
  • コクのあるだしで煮物や椀物をさらに美味しく
  • そのまま冷やっこ、焼きそば、ごはんなどにふりかけて食べても美味しい。


応援していただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ABOUT US

ふうよしママ
生まれ育ちは大分県、茨城県在住の子育てママ。 2人の娘と夫との4人家族。 ‟ふうよし”とは、娘たちそれぞれの名前からもらっています。 11才の頃にアトピー性皮膚炎になりましたが、 断食と玄米・自然食を実践し、症状が改善しています。 現在も玄米・自然食を楽しく実践中。 お仕事は、夫と自宅で音楽教室を運営する傍ら、アマチュア・オーケストラのヴァイオリン、及び弦楽合奏指導者。また、保育園のピアノ講師。 趣味は、音楽を聴くこと、映画を観ること、読書をすること。 好きな音楽は、ルネサンス、バロック音楽。